抜糸終了と今後

テリちゃん。2回目の抜糸してきました。

縫ってある糸を”チョンチョンチョン”とハサミで切って。

DSCN9595.jpg


腫瘍の疑いを言われたのが11月の頭。

そこから局所麻酔で手術出来る病院を見つけて。

局所麻酔なので、術後の感染症や傷口が開かないように気をつけて。
電気メスの使用が出来ないので、傷口が開きやすいそうです。

テリちゃんよく頑張ったね

DSCN9591.jpg


おとーさんと『喜びの舞』 オイオイ傷口開くよ| ̄ω ̄A

喜びanigif


そう。まだ全部終わった訳じゃないんですf(´-`;)

DSCN9589.jpg


今後については長いので、Read More↓に書いてます

いつも訪問有難うございます(人´ω`)
↓ランキング参加してます♪

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
コメント欄閉じてます。


テリちゃんの今回の腫瘍は『血管肉腫』といって、通常悪性度が高い腫瘍
らしいのですが、『高分化型』の『血管肉腫』という非常に希な症例でした。

下記はネットより検索

ガンの分化度というものがあるらしく
細胞が分裂して成熟していことを分化というそうです。

高分化のガンというのは、形がはっきりとした成熟した細胞が
ガンになったということである。

このガン細胞は正常細胞の形に近い。

一般に高分化のガンというと、悪性度は低く予後はよい。


実際、今回の腫瘍は1年以上前から存在していましたが、今まで
悪さしてませんでした。

とはいえ、再発がゼロではないので今後も2ヶ月毎の超音波検査
(内臓への転移を考え)を行い。

サプリの摂取も勧められています。

1年以内の再発がなければ、まずは大丈夫との事ですので
年明けからも定期的な検査に通う事になりそうですε=( ̄。 ̄;)フゥ


ワンちゃんの腫瘍。悪性・良性問わず多いみたいです。

今回の腫瘍に気付いたのは、テリちゃんが椅子から落ちて(背中から)
その後見た目で分かる位の膨らみがありました。

注射器で内容物を抜き、血豆みたいなモノと言われ悪いものではないと。。
この時は生検しなかったかも・・です

今回の事があり、気になるポッチは、先ず針生検をして貰います。

たかがイボだと思って、後々後悔しないように。

『痛い・辛い』って言葉に出来ない、あの子達が大きな傷を作っていると
本当に切ないものですしね。。。



スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

sidetitleヒトならいくつsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

テリまま

Author:テリまま
管理人のテリままです。
どうぞよろしく。
ボステリのムッタ・テリオと
犬目線・人目線で日々の出来事を
つづっていこうと思います。

sidetitleランキング参加してますsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお友達更新sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle最新トラックバックsidetitle