スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の麻痺に加え肺炎でした

病院での診察の結果


血液検査で白血球の数値に若干の問題


併せてCRP(炎症蛋白)の数値がグンと上昇・・


X線は胸と腰部分も見せてもらいましたが


胸のレントゲンから肺炎が確認出来ました
心臓の周辺が白くボンヤリ写ってました


炎症の数値も肺炎の影響から。ってことだよね・・


そして、触診で後ろ足の反応が鈍いことから


椎間板のX線も


結果。年齢の割にはとても綺麗な椎間板の形をしていると。


潰れた様子もなく。ここから、足の麻痺は説明がつかないと。
今回は年の為の調べたのですが、椎間板が原因なら基本両足に
症状が出ちゃうそうです



肺炎が関係して足に力が入らない?ってことも考えられるが


今出来る検査ではハッキリした原因が解らない。


ということでした。


他の心当たりを探るとMRIとか、そういうレベルの検査が


必要なので


まずは肺炎の治療を。ということになりました。


一度に色々出て来ちゃって、焦りましたが


食欲があるのでひとまず入院せずにお薬での


治療が出来るってことで。ホッと一安心
勿論体調が悪化すれば入院も視野にいれて


抗生物質を処方して頂いて帰宅しました。


P_20160206_132522_001.jpg


帰ってからも足ピーンの状態


S0138607.jpg


帰宅して1回目の抗生物質をウェットフードに混ぜて


手で差しだしてあげると


食べてくれました。食欲があるのってホント有り難いことです


その後もムッタがオヤツを貰うと


テリちゃんも音に反応してるので、小さくしたものをあげたり
その間もお布団に寝たまま~(~_~;)


体がシンドイのもあるんでしょうが


足の麻痺がこのまま。。。。なんて事に。。。


って。寝姿を見ながら覚悟してました。


歳をとれば足腰の心配も出てきますが


こんなに急に。。。。って感じで


まあ。何があってもサポートしてテリちゃんが


気分よく過ごせるようにするけどね!っておとーさんと決意表明w


P_20160206_144823.jpg


今回処方してもらった抗生物質はコレ


結構大ぶりの粒です


とりあえず、5日間の処方で反応をみることに。


S0128606.jpg


そして、ムッタもこの日は皮膚の診察を


足指をペロペロしちゃうので、毛が薄くなってきちゃってました


若干の菌が確認されたが、アレルギーの可能性もあるということで


抗ヒスタミンです


でもなかなか、指舐めが治まらない


足だけ薬浴をしてます


S0158609.jpg


テリちゃんが肺炎になってたのですが


咳などもなかったので正直ビックリでした


第一・第二の異変の時にはすでに肺炎になってたのかな・・・・


それより1月の終わりに起きた、震えの時から


既に発症してた????のかな・・・


この日の診察では遅すぎたのも・・・


とか考えてしまいましたが


過ぎた事にクヨクヨしてもね。


まずはテリちゃんの回復を願うことに集中でした


*◆*…*◆*…*◆*…*◆*…*◆*…*◆*…*◆*…*◆**◆*…*◆*…**◆*…*◆*…*◆*…*





いつも訪問有難うございます☆☆
3つのカテゴリーに参加中です☆☆
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへにほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへにほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ





スポンサーサイト
sidetitleヒトならいくつsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

テリまま

Author:テリまま
管理人のテリままです。
どうぞよろしく。
ボステリのムッタ・テリオと
犬目線・人目線で日々の出来事を
つづっていこうと思います。

sidetitleランキング参加してますsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleお友達更新sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle最新トラックバックsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。